六本木キャッシング塾

キャッシング依存に注意!

キャッシングに関するサービスが便利になればなるほど、
キャッシング依存する心も強くなるようです。

 

中には、お金を借りているという感覚を失ってしまい、
カードさえあればどんな欲求も瞬時に満たされると錯覚する人も少なくありません。

 

キャッシングの使い方を誤らないよう、
計画を持ってカードを利用するようにしましょう。

 

キャッシング依存を自覚したら

 

自分でコントロールが効かなくなっていると感じたら、
信頼出来る家族や友人、知り合いに相談してみてください。
依存を断ち切るのは、自分だけの力では難しいものがあります......。

 

専門家もいますので、身内への相談が難しい場合はためらわず相談しましょう。

 

キャッシングの依存を断ち切ることで、無駄な利用を一切ストップすることができます。

 

家族がキャッシング依存に陥ったら

 

また、家族の異常なキャッシングを発見した場合は、
カード会社にカードの利用を一次的にストップできないかどうか相談してみてください。

 

ギャンブルや浪費などの目的で(利用者が)カードを
歯止めが利かない状態
で使い続けていると判断された場合は、何らかの対処が取られるはずです。

 

もちろん、本人が申し込みをした以上、第三者から利用の差し止めを依頼するのは難しいことです。

 

しかし、家族の訴えや家計のバランスを崩すようなキャッシングの利用に対しては、
多重債務のリスクを避けるため、何らかの相談に乗るか利用の制限が行われるはずです。

 

キャッシングで問題が起こる前に家族で良く話し合って「依存の強いキャッシング」を止めさせるようにしましょう。